頭皮からのケアで抜け毛知らずの生活をしてみませんか。今悩んでいる方、将来が心配な方は是非試してみてください。

原因はどこにあるのか

日本人男性の多くが髪の毛の悩みを何かしら持っていると思います。
中でも薄毛に関する悩みは昔から多くの男性にとって聞かれていることですし、
それに従って育毛法も色々とあります。
しかし、根本的な原因を知らなければいくら効果的だと言われる育毛剤を使用しても
効果は得られませんし、薄毛の解決にはなりません。

それでは抜け毛はどういった原因から起こるものなのでしょうか。
また、男性型脱毛症の発症を遅らせるためにはどうすればいいのでしょうか。
まず抜け毛の原因となるものですが、
一番大きいのは男性ホルモンの影響で遺伝が関係してきます。
これは脱毛ホルモンと呼ばれるDHT(デヒドロテストステロン)によって
抜け毛がはじまるからで、
このDHTをできるだけ抑えることが抜け毛を減らす要因になるのです。
DHTは遺伝によって多く持っている人とそうでない人がいて、
これに生活習慣が関わってくることによって発生しやすい人とそうでない人に分かれます。

では発生しやすい人とはどういう人なのでしょうか。
これは睡眠不足や不規則な食生活、運動不足による血行不良などから起こります。
つまり普段から不摂生をしているとDHTは発生しやすくなり、
薄毛になる可能性は高くなるということです。
ですから、不摂生を続けながら育毛剤を使ったり薬を服用していても
効果はなかなか現れにくく、その前に生活習慣を改善することをすすめられるでしょう。

また喫煙も影響していて、たばこを吸うことで
体内の血管を収縮させ血行が悪くなれば成長ホルモンも分泌されにくい状態になりますから
毛穴から新たな毛が生えにくくなる状況を作ります。
さらに朝シャンは頭皮を綺麗にすると思っているかもしれませんが、
皮脂が戻りきらない状態で洗ってしまうことになるので乾燥しやすく返って逆効果になります。
ですから頭はできるだけ一日一回、夜に洗うことをおすすめします。

このように薄毛には普段の生活環境が大きく関わってきていて、
まずはそこを見直すことからはじめてみましょう。